脳科学マーケティング 100の心理技術  著者: ロジャー・ドゥーリー

noukagaku

 

人の脳は不思議なもので私達の行動は

そのほとんどが無意識の内に決定されています。 実際、朝起きて、必死に考えてから 服を着て会社に行くという人はいないでしょう。 行動の95%は無意識に支配されているのです。 この95%の無意識の力を広告・販売戦術に 活用することはできないのか? そう考えたのが、人気ブログ 「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」 の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。 彼はカタログ販売のマーケターとして 頭角を現す一方、脳科学に興味を持ち、 最新の脳科学をマーケティングに応用した 「ニューロマーケティング」を研究。 この分野の第一人者となりました。 そして、このニューロマーケティングの 数々の研究結果をまとめたのが、この本 脳科学マーケティング 100の心理技術です。 価格が脳に与える影響やケチな人に売る方法 男性脳、女性脳の攻略法、などなど、 心理学や行動科学を元にした 大変興味深い心理テクニックが満載です。 非常にオススメの本なので 今すぐチェックしてみてください。 ↓ こちら

一番多く注文が取れるのはどれ?

レストランのメニューからクイズです! 次の3つの料金表示うち、 一番多く注文が取れたのはどれでしょう? (1) ¥記号をつけた数字で表示:¥1,200 (2) ¥記号をつけない数字表示:1200 (3) 文字で説明:千二百円 少しの間、考えてみてください。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ それでは、時間になりました。 (2)を選んだあなたはお見事、 正解です! あなたは、脳科学の視点で 何が最高の成果を生むのかを 理解している数少ない人かもしれません。 不正解だったあなた、 気にすることはありません。 なぜなら、正解者の中でも (2)が一番多く注文がとれる理由まで 説明できる人はほとんどいないからです。 ちなみに、このクイズは 「脳科学マーケティング 100の心理技術」 という本から アメリカにある コーネル大学の研究チームが行った 実験のエピソードをもとに出題しました。 この実験は、商品を購入する前に 「お金」に関するイメージを 強く持たせた場合とそうでない場合で 購入結果に差が出るかどうかを 確かめるための実験でした。 結果、「¥」「円」という表示で お金をイメージさせた(1)(3)よりも、 (2)の数字のみの表示を見たお客の方が 多くの金額を費やしていたことがわかったのです。 この 「脳科学マーケティング 100の心理技術」 では他にも、 価格が脳に与える影響や 男性脳、女性脳の攻略法、 ケチな人に売る方法などなど、 目次を見るだけでも 心理学や行動科学を元にした 大変興味深い内容が満載なのが分かります。 非常にオススメの本なので 是非、チェックしてみてください。 ↓ こちら

ムカつきます。

ちょっとイメージしてみてください。 あなたは自動販売機で コーヒーを買おうとしています。 財布から100円を取り出し、自販機に入れ 目的のコーヒーのボタンを押します。 ところがです。 取り出し口にコーヒーは出てきません。 もちろん、100円も戻ってきません。 こんなとき、あなたなら どんな気持ちになるでしょうか? 恐らく「ムカッ」と するのではないでしょうか? 人によっては、管理会社に電話したり、 自動販売機をチカラいっぱい蹴って、 なんとしても、目的のコーヒーを 手に入れようとするでしょう。 ところがです。 今度は車の豪華フルセットを 何百万円という価格で買った場合を イメージしてみてください。 不思議なことに、失ったお金は 100円どころの騒ぎではないのに、 「ムカッ」とすることもなく、 「いい買い物をした」と 自分自身で納得してしまうでしょう。 実は人のこうした反応は 最新の脳科学の研究で分かっていて 「脳科学マーケティング 100の心理技術」 という本によると 「何かを買う行為により、 脳の痛みの中枢が活性化する場合がある。」 つまりが、脳にとっては買う行為は 痛みと同じであるというわけです。 そして、 価格が引き起こす脳の 「否定的」活性化は相対的なもので 単に金額が大きいか小さいかではなく、 商品の価格が適正かどうかが問題となる。 という研究結果が出ているんだそうです。 逆に言うと、 「痛みを最小限に抑えれば 売り上げが最大限に伸びる。」 わけで、 料金を後払いにしてみたり 返金の保証を付けてみたり 分割払いを提案してみたり といったことをすれば 売上が伸びるのです。 実はこの本ではこうした 最新の脳科学の研究を元にした マーケティングのテクニックが 100個も紹介されていて 商売をする人であれば 大変参考になる情報が満載です。 非常にオススメの一冊なので 是非チェックしてみてください。 ↓ こちら

顧客の脳を支配する本

「私たちの思考、感情、学習の95%は 意識されることなく生じている」 こう言ったのは、 ハーバード大学のマーケティング学の教授 ジェラルド・ザルトマンです。 人の脳というのは不思議なもので 普段私たちは頭を使って考えて 行動しているように思えますが、 実はほとんどの行動というのは 無意識の内になされています。 実際、朝起きて歯を磨き服を着て 会社に行く、、といった行動を 必死に考える人はいないでしょう。 つまり、好むと好まざるとにかかわらず 人の行動の95%は無意識のうちに 決定されているのです。 そして、この95%の無意識の力を マーケティングや広告・販売戦術に 活用することはできないのか? そう考えたのが、人気ブログ 「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」 の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。 ドゥーリーは、 カタログ販売のマーケターとして マーケティングの世界で頭角を現す一方、 脳科学や行動科学に興味を持つようになり、 独自に脳科学の最新知識を マーケティングの分野に活用した 「ニューロマーケティング」を研究。 この分野の第一人者となりました。 そして、ニューロマーケティングの 数々の研究結果をまとめたのが この新刊本 「脳科学マーケティング 100の心理技術」 というわけです。 価格が脳に与える影響や 男性脳、女性脳の攻略法、 ケチな人に売る方法などなど、 目次を見るだけでも 心理学や行動科学を元にした 大変興味深い内容が満載なのが分かります。 非常にオススメの本なので 是非、チェックしてみてください。 ↓ こちら

中身を読まなくてもわかる本の要約

広告心理学からニューロマーケティングへ 現代のニューロサイエンスは、 私たちの脳の内側を見つめ、 心理学のブラックボックスを開けるのに 役立つツールをもたらした。 今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による 脳スキャンという魔法を使えば、 たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの 脳の反応が、つねられたときの反応 ーーつまり、痛いと感じたときの反応と 非常によく似ていることがわかる。 また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、 ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、 より多くの統計用サンプルデータが 得られるようになったため、広告や製品の 確実な最適化が行なわれるようになった。 (中略) ニューロマーケティングとは、 要するに脳の働きを理解し、 その知識を活用してマーケティングと 商品の両方を改善することだ。 (中略) ニューロマーケティングのテクニックが 適切に使われれば、より優れた広告、 より優れた商品が生まれ、顧客はより満足する。 誰だって気に入ったと思える商品が欲しいし、 退屈なコマーシャルは見たくない。 (中略) 「賢いマーケティング」とは、 あなたの脳を使うことだけではない。 あなたの顧客の脳を使うことでもあるのだ!

目次

はじめに Chapter1 価格が脳に与える影響 Chapter2 五感を刺激して売り込む Chapter3 脳が喜ぶブランディング Chapter4 紙媒体と脳の相性がいい理由 Chapter5 脳が喜ぶ写真の使い方 Chapter6 顧客の脳の信頼を勝ち取る Chapter7 脳が喜ぶ接客スキル Chapter8 脳が喜ぶセールステクニック Chapter9 脳を刺激するコピーライティング Chapter10 脳が喜ぶマーケティング Chapter11 男性脳、女性脳それぞれの攻略法 Chapter12 顧客の脳を買う気にさせる Chapter13 脳を刺激する映像メディア活用法 Chapter14 脳を刺激するインターネット活用法

著者紹介

ロジャー・ドゥーリー マーケティング・コンサルタント会社「ドゥーリー・ダイレクト社」の創業者であり、人気ブログ「Neuromarketing(ニューロマーケティング)の執筆者。コミュニティ・アーキテクト&サイトストラテジスト。カタログ販売のマーケタとしてマーケティングの世界で頭角を現す。IT ビジネスに進出するかたわら、脳科学、行動科学に興味を持つようになり、独自に脳科学の最新知識をマーケティングの世界に活用した「ニューロマーケティング」を研究し、第一人者となる。 オンラインコミュニティの構築、Web プロモーション、検索エンジンマーケティング、ダイレクトマーケティング、マーケティング戦略、ソーシャルネットワークに至るまで、幅広い分野に精通している。クライアントは、「フォーチュン500」企業から小規模のe コマース企業まで幅広く、最新の脳科学と行動科学から導き出した、クライアントのためのよりよいマーケティングを提唱している。ニューロマーケティングの「宣教師」として執筆や講演なども積極的に行い、その発言は主要メディアで頻繁に引用されている。 カーネギー・メロン大学より工学の学位、テネシー大学より経営学修士(MBA)を取得。テキサス州オースティン在住。   kounyubtn05

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻