「うつ病の薬」は服薬しない方がいいのか?(前半)

medications-342456_640

 

「薬はやめた方がいいよ!」

 

 これまで出会ったうつ病経験者の

ほとんどが言います。

 

本にも書いてあるくらいです。

 

うつ病が治ることを「寛解(かんかい)」と

言いますが,寛解した人たちは薬に頼らず,

 

専門カウンセリングやセラピー,

改善プログラムなどを受けて治しています。

 

「自分の見方や考え方を変える」ことが

カギのようですが,一方では,

 

「通院して,薬を服用しないと治らない」

という意見もあります。

 

「薬をやめたらうつ病が悪化した」

 

という声も数多くあるし,N○Kの番組に

登場する専門家もお医者さんも

 

「処方された薬を勝手にやめてはいけません」

「かえって症状が悪くなります」

 

と言っていました。

 

実際に,私の身近な人で

「薬をやめたら悪化した」という例もあるくらいです。

 

一体,どっちがいいのでしょう?

 

8年半もうつ病で心療内科に通っている

私の考えを伝えたいと思います。

 

私が,うつ病と診断されたのは,

2006年の7月でした。

 

でも,体調不良が続くようになった

5月から6月には内科に通院し,

「抗不安薬」をもらっていました。

 

その名は,「デパス」

 

「睡眠導入剤」としてもよく使われています。

 

気分が安定するので,しばらくの間は

デパスで乗り切れたのですが,

 

副作用がありました。

 

排尿をしたあと,

精液?のようなものが勝手に出てくるのです。

 

「うわっ,なにこれ?」

 

何度,パンツやズボンを汚したことか…

 

一般によく知られる副作用は「眠気」ですが,

私の場合は「排尿困難」にあたると思います。

 

ネットで検索しても,私と同じような症状は

ありませんでした。

 

主治医に話しても,オーム返しの返事だけ。

 

総合病院の泌尿器科へ行き,検査をして

もらいましたが,「どこも異常なし」とのこと。

 

「薬の副作用」としか考えられませんでした。

 

その後,職場の上司にすすめられて

心療内科へ行き,「うつ病」と診断されます。

 

ものすご~く行くのには抵抗がありました。

 

でも,治したいという思いが強かったし,

判断力が鈍っていたこともあって,

 

言われるがまま行きました。

 

そこで追加された薬が「抗うつ薬」です。

「トレドミン(SNRI)」:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤

「パキシル(SSRI)」:セロトニン再取込阻害薬

 

効果が出るのが3週間かかるとのことだったので,

徐々に慣れさせ,量を増やしていく。

 

飲み過ぎで胃が悪くなりました。

 

眠気はほとんどありませんでしたが,

例の「精液だら~」は相変わらずです。

 

肝心の「うつ病」の症状はどうかというと

頭重感や首こりのようなものあり,正直,

 

「ボ~っとしてわからない」んです。

 

薬が効いているのかどうかが。

 

 

続きはコチラからどうぞ!

⇒ 「うつ病の薬」は服薬しない方がいいのか?(後半)

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻