「何事も自分の責任」にし過ぎるとうつになる!【マインドセットの落とし穴】

man-97975_640

 

「自分で考え込まないで,誰かに話した方がいいよ。」

 「イヤなコトは全部吐き出しちゃうとラクだよ!」

 

ストレスが溜まりに溜まっている毎日。

 

あなたは,こんなアドバイスを言ったり,

言われたりしていませんか?

 

人間同士が関わるところでは,

必ず自分の思い通りにいかないことがあります。

 

自分を正当化するために,

人のせいにしたり,

時間や物事のせいにしたり,

 

他へ責任を転嫁してしまうことがあると思います。

 

その時の苛立ちを上司や同僚,友達に話す

ことによって気持ちがラクになるものです。

 

一方で,

自己啓発書や成功哲学の指南書では,

 

「何事も自分の責任として考える」

ようにススメていますよね。

 

精神世界系の本でも同じです。

 

 「目の前で起こる出来事の結果は,

すべて自分がの言動が原因」という考え。

 

私は20代の頃にこのような考えを知り,

この「マインド」を実践しようとしました。

 

仕事や人間関係でイヤなことがあると

すべて「自分の責任」と考えるように。

 

すると,不思議なことに,

「誰かを責める」ということがなくなったのです。

 

当然,あまりストレスを感じなくなりました。

 

しかしです!

 

ここに落とし穴があったのです。

 

「何事も自分に責任!」

で終わらせておけば確かにラクなのですが,

 

ストレスを感じていない「つもり」になっている

だけで,実際は日々ストレスの蓄積状態。

 

見えない何かが心身を蝕んでいくのです。

 

気付いたときには,

病気となって心身に症状が出てくるはめに。

 

では,どうすれば良いのか?

成功者との違いは何なのか?

 

それは,

「すぐ次の行動を起こす」かどうかです。

 

「責任を感じる」「他のせいにする」

そんなことを考える前に,

 

「じゃあ,次はどうしようか!」と

積極的に前に歩み始めます。

 

検証,分析,反省,総括など

ことばではいろいろありますが,

 

それも行動の1つでしかありません。

 

優先順位,断舎離など,意図的に

考えなくても自分に落とし込んであれば

 

行動の一部になるわけです。

 

目的に合わないならやめる。

イヤな人からは離れる。

いらない邪魔なものなら捨てる。

 

これが普通にできるようになること。

 

それこそが「マインドセット」。

 

いつのまにかマインドセットできていて,

「すぐ行動に起こす」ことができる人もいます。

 

そのような人がセンスのある成功者なのです。

 

でも,もしあなたが,

 

「自分はセンスも何もない人間だ」

と思っているのであれば,まずは

 

「すぐに行動を起こす」ことを意識して下さい。

 

その方が「マインドセット」も早まります。

 

 

まとめます!

 

「自分の責任」と考えすぎると,

悩み迷い過ぎて心身が病んでしまう。

 

「すぐに行動を起こす」

ように意識して過ごすこと。

 

そうすれば,心身を病むことなく,

次に何をすべきかが見えてきます。

 

コチラも参考にしてみて下さい!

 「死ぬ気で頑張る!」はうつになる!?【目標設定・計画を逆算して立てる落とし穴】

 

 

 ★ 【responsibility】ってなに?」と思ったあなたへ

 

「『weblio』の和英・英和辞典」で調べてみると,

 

【responsibility】

 ⇒ 自分が引き受けたり与えられたりした仕事や義務を遂行する責任

【duty】

 ⇒ 良心・正義感・道徳心から当然しなくてはならない義務

【obligation】

 ⇒ 特定の立場・約束・契約・法律などのような事情から生じる義務

                        「研究者 新英和中辞典」

わかるような,わからないような…

難しいですね。

 

 

最後まで読んでいただき,

ありがとうございました。

 

共に,一歩前へ!

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻