選挙の演説からビジネスマインドを学ぶ!

vote-158080_640

 

 

いよいよ衆院選が明日になりました。

 

選挙活動に熱が入っていますが,あなたは

候補者を選ぶための勉強をしていますか?

 

「当然です!」

「え~,あまり興味ないんで…」

 

お考えは人それぞれなのでここでは言及しません。

 

ただ,演説を聞いていて「なるほど!」と

納得させられたことがあるので,

 

ビジネスの初心者に向けて伝えておこうと!

 

それは何かというと,

 

「私を選んでくれたらこんな未来になるよ!」

 

すべての候補者は有権者に対して,

「未来をイメージさせる」「共感させる」

メッセージを送っているということです。

 

「もし私に1票を入れていただけたら,

こんな素晴らしい世の中にします!」

 

「もし私から商品を買っていただけたら,

こんな素晴らしい生活が待っています!」

 

極端な例ですが,似ていると思いませんか?

 

アフィリエイトを始めるまでは,経営や経済,

ビジネスにはほとんど興味がなかったので,

 

「投票したらどんな世の中になるか」

「商品を買ったらどれほど満足するか」

なんてあまり意識しませんでした。

 

意識しても,さほど期待はしていませんでした。

 

ところが,アフィリエイトを始めてから読者や

お客さんの立場になって考えるようになると,

 

「お客さんが商品を手にしたらどう思うのだろう?」

「その後,どのような生活を送っていくのだろう?」

 

と考えるようになりました。

 

選挙演説の内容を聞いていると,

以下のような感じですよね。

 

「若い人たちが夢と希望をもって働ける世の中をつくります」

「女性が安心して子育てをしながら働ける社会にします」

「老後の生活を安心できるような社会にします」

 

(選挙の無知さがバレたかな?)

 

有権者に対して,選挙後の社会を

「イメージさせるような言いまわし方」をしています。

 

そして,「どうですか,みなさん!」

 

などように主張して,「共感」を得ようとしている。

 

「選挙もビジネスも同じなんだなぁ。」

と思った瞬間でした。

 

ただし,

「選挙演説」と「アフィリエイト」の違うところは,

 

「『みなさん!』と不特定多数に向けて話す」ところと

「『あなた!』と1人に向かって話す」ところですね。

 

まあ,ここは「セールス」に関わってくるので

比べるところではないかもしれませんが。

 

この機会に得たことは,

 

ビジネスだけではなく,すべての職業は

対象となる相手のことを考えて行われている

 

ということを再認識できたことです。

 

 私にとっては貴重な体験でした。

 

まとめます!

 

◆ 何事も,「相手のことを考えて」行動する。

◆ 相手に共感を持ってもらえるような話をする。

◆ 事後に「どんな良いことが待っているのか」,

  「どれほど安心できるのか」をイメージできるように伝える。

 

日頃からアンテナを伸ばせるようになってきた

ためか,あらゆるコトをアフィリエイトに関連させて

考えるようになりました。

 

いいのかどうか分かりませんが,

今後もコツコツ頑張ります。

 

共に,一歩前へ!

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻