ノウハウとハウツーのちがいとは?

puzzle-210787_640

 

「ノウハウ」と「ハウツー」のちがいを

あなたは説明できますか?

 

どちらも同じ意味だと思っていませんか?

 

いろいろなところで使われていますが,

どのようにちがうのか調べてみました。

 

デジタル大辞泉の解説をみると,

以下のような意味になっています。

 

ノウ‐ハウ 【know-how】《「ノーハウ」とも》

   1  ある専門的な技術やその蓄積のこと。

     「仕事の―をおぼえる」

   2  技術競争の有力な手段となり得る情報・経験。

     また、それらを秘密にしておくこと。

 

 ハウ‐ツー 【how-to】《どのように…するか、の意》

   やり方。方法。特に、実用的な方面での方法や技術。

 

 

よく分かりませんよね。

 

英語の文法ではないですが,

このように考えてみてはどうでしょう?

 

「 あなた know how to ~ 」

   S    V    O

(三人称単数の「s」 は無視します。)

 

 S は O を 知っている

( あなたは how to を 知っている )

 

 

【how to】 とは,

「味付けの仕方」や「ツールの使い方」

のように,実際に使うものの技法のこと。

 

そのような 【how-to】 を 【知っている】

ことが【know-how】だということです。

 

言い換えると,

「ハウツー」をたくさん知って,蓄積した

専門的な技術や経験が「ノウハウ」。

 

もっとわかりやすくすると,

 

ツールの使い方を知って,はじめて

稼げるノウハウを手に入れることが

できるということです。

 

 

「料理のノウハウ」といった場合には,

 

「包丁のハウツー」や「味付けのハウツー」

などを知っていることが前提となりますね。

 

 

「ネットアフィリで稼ぐノウハウ」の場合は,

 

「ブログやホームページの作成のハウツー」

や「ASPへの登録のハウツー」を知っている,

あるいは経験している必要があるわけです。

 

 

「なかなか稼げません!」

 

「ノウハウコレクター」になってしまうのは,

基本的な「ハウツー」を知らないからです。

 

逆にいうと,

数多くの「ハウツー」を知って,経験して,

積み重ねれば,稼げるようになるのです。

 

 

コンサルタントの仕事では,

初心者に対しては「ハウツー」を教えます。

上級者に対しては「ノウハウ」を教えます。

 

ツールなどの取り扱い方を知ったうえで,

効率的に成果を上げる方法を知っている。

 

そのような積み重ねや経験がないと

コンサルの仕事はつとまりませんよね。

 

 

「ハウツー」コレクターになりましょう!

 

多くの「ハウツー」が身につけば,

自分なりの「ノウハウ」ができあがります。

 

それが,他との差別化や

ブランディングにつながります。

 

 

多くのトップアフィリエイターが

「過去にはノウハウコレクターだった」

と,プロフィールで言っています。

 

これって,

 

「ハウツーコレクターをあきらめなかった」

結果を証明していると思いませんか?

 

 

「ノウハウ」と「ハウツー」を

同じように捉えていたあなた!

 

今日からは,ちがいを意識して

だまされないようにしましょう。

 

そして,自信をもって

「ハウツー」を増やしましょう!

 

 

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻