『マクス』『テベリ』子どものまちがい言葉をアフィリエイトにどう活かすか!

girl-568205_640

 

長女「マクス」

私「ますくっていうんだよ。」

長女「ちがうよ。マークース。」

今朝の登園するときの会話の一部です。

何度言っても「マクス」。
面白いですね。

「テベリ」のときと同じ。

子どものまちがい言葉って有名なものが
いろいろありますが,何か法則のような
ものがあるんでしょうね。

「マスク」 → 「マクス」

「テレビ」 → 「テベリ」

「とうもろこし」 → 「とうもころし」


他にもいろいろあったような気もしますが,
毎日の世話に追われていると忘れてしまいます。

このような子どものまちがい言葉。

ここからアフィリエイトに通じるものを
考えてみると,2つあります。


1つ目は,

「どんどんアウトプットする」ということ。

子どものアウトプット力には
学ぶことがとっても多いです。

まちがうことへの恥ずかしさも
おそれもありません。

毎日毎日,何度も何度も覚えた「音」を
マネをして使って練習しています。

まちがっていたら,誰かに教えてもらうだけ。

面白おかしく笑っておしまいってことが
多いですよね。

3歳ぐらいになると,「あれっ?」と疑問に
思ったことは自分から聞いてきたりもします。

このような姿勢や態度を大人になっても
忘れずに実践していきたいもの。

あなたはアウトプットしていますか?

分からないことは質問していますか?

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」
とも言います。

自分で調べても分からないときは
すぐに誰かに聞いた方が

作業の効率が3倍アップします。

なぜなら,
悩む時間が減り,問題が解決して安心でき,
すぐ次の作業へと移ることができるから。

・ どんどんアウトプット
・ 分からないことはすぐ聞く

子どもを見習って実践したいものです。



2つ目は,

「子どもネタの記事を多くして,
子ども用品のアフィリエイトをする」ということ。

「テベリ」

このまちがい言葉は定番のようで,検索すると
全国あちこちで子どもがしゃべっているようです。

Google で検索しただけでも,約8750件。

これ以外にももっとあるはずですし,
世代が変わってもテレビが存在する限り

「テベリ」という子どものまちがい言葉はあるはず。

ということは,
「ロングテールのキーワード」と考えられませんか?

ずっと長く検索される言葉,爆発的に流行に
ならないまでも無視できない言葉だと言えます。

なので,この言葉を使って記事を書いたり,
面白ネタ動画をYouTubeにアップしたりすれば

子育て中のパパやママにはウケがいいはずです。

そこを狙ってアフィリエイトをすれば子ども用品や
おもちゃなどを買ってもらえる可能性があります。

もちろん,具体的にターゲットを絞ったり
うまく商品を選定することを重要ですが,

このような「キーワード」を知っておくと強いですよね。

ぜひ,参考にして下さい。

 

まとめます!

・ どんどんアウトプットすること

・ 分からないことはすぐ聞くこと

・ 子どものまちがい言葉を「キーワード」にするとよい

日常に,身のまわりに,
学ぶことはたくさんあるものですね。

 

共に,一歩前へ!

 

★ 1歳10ヶ月の次男のアウトプットはコチラです。

 【妖怪ウォッチのムリカベ】『むーりー』1歳10ヶ月の子どもが!【実践して自分に落とし込む】

 

 あなたの★応援クリック★をお願いします!
 ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻