【OATH】読者・見込み客の意識レベルは4段階!

desert-17642_640

 

「OATH」ということば。

 

近ごろ,よく目にするのですが,

「どこかで見たなぁ」

 

とずっと思っていました。

 

そして思い出したのが…

 

ネットビジネスを始めた初期の段階で

買わされるハメになった教材。

 

「ネットビジネス大百科」

 

久しぶりに,プリントアウトしたものを

見つけ出し,中身を確認してみました。

 

「やっぱり,そうだ!」

 

木坂さん担当の「Module2」で,

細かく分かりやすく説明しています。

 

「Special Bonus1」が「Module2」の

書き起こしになっているので,

 

当時の私はよく分からないなりに

マーカーで線を引いていました。

 

 

OATHってなんのこと?

 

さて,そのオース(OATH)。

 

◇ Oblivious 「無知」

◇ Apathetic 「無関心」

◇ Thinking  「認識している」

◇ Hurting  「苦痛に感じている」

 

これらの頭文字,O・A・T・H をとって

「OATH」オースとよんでいます。

 

読者や見込み客が抱えている問題を

本人がどれほど意識しているのか。

 

その意識レベルを4段階に分けて,

低い方から並べています。

 

 

◇ Oblivious 「無知」

 

この「無知」とは,なんの問題もない,

問題を意識していないということ。

 

例えば,どこからどう見てもメタボリック

なのに,本人は気づいていないという

ような状態です。

 

 

 

◇ Apathetic 「無関心」

 

 この「無関心」とは,問題は認識して

いるけどどうでもいいと思っていること。

 

自分がメタボリックだと気付いているけど,

「改善したい」とか「なんとかしたい」

なんて思ってもいないという状態です。

 

 

◇ Thinking  「認識している」

 

この「認識している」は,「考えている」

すなわち,問題をしっかり分かっている

ということ。

 

「なんとかしたいと思っている」こと。

 

「メタボ,ヤバイなぁ」「これは問題だ」

と思って解決策を探している状態です。

 

 

◇ Hurting  「苦痛に感じている」

 

この「苦痛に感じている」は,「超,ヤバイ」

「絶望感だらけ」「今すぐ解決策が欲しい」

という切羽詰まった状態。

 

「メタボリック,今年中に改善しないと

彼女にフラれてしまうよ!」

 

「借金地獄だ。今月中に1000万稼ぐ

方法が知りたいよ~」

 

「今にでもすぐ抱えている問題を解決

したい」という状態ですね。

 

 

あなたのターゲットはどの意識レベルか?

 

もし,あなたの読者や見込み客が

これら O や A に当てはまるならば,

 

セールスレターを長文にします。

 

なぜなら,その読者や見込み客に

自分の抱える問題を認識してもらう

必要があるからです。

 

これらの場合,いくら解決策を安く

売ろうとしても買ってもらえません。

 

問題を認識させ,「改善したい」

「なんとかしたい」と思わせる。

 

そのための教育が必要です。

 

ステップメールやメルマガによって

長い期間の教育もありますが,

 

一度でセールスするには,長文の

説明や説得が必要となるわけです。

 

 

以上から,もうおわかりのように,

ターゲットにするならば T や H。

 

「砂漠で水を売る」のが H のよい例です。

 

のどが乾いてカラカラの人には

見せるだけで,水がすぐ売れます。

 

説明なんかいらないですね。

高くても買うことでしょう。

 

では,

ターゲットの意識レベルが?なら…

(次回に続く)

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻