ターゲットブランク( target=”_blank”)を挿入する!【読者への気配り①】

 chain-544513_640

 

インターネットを始めた頃って,

「最初に開いたページに戻りたい!」

 

と思ってもなかなか戻れなくてイライラ

したことがありませんでしたか?

 

ネットサーフィンをしていると,

 

リンク先が,どんどん上書きされて表示される場合と,

新しいタブやウィンドウが開いて表示される場合があります。

 

あなたがHPやブログを作成するとき

この2つの違いを知っておくことで,

 

自分にも読者さんにも都合良く使い分けることができます。

 

それは「ターゲットブランク」!

 

 

「ターゲットブランク( target=”_blank”)」ってなに?

 

一般的に,HPやブログでリンクが貼ってある文字は

青文字で表示され,アンダーラインが引いてあります。

 

このような文字のことを,「アンカーテキスト」と呼びます。

 

「アンカーテキスト」のようにリンクが貼ってある部分を

クリックすると,そのリンク先が表示されるわけです。

 

そのリンク表示は,2通りあります。

 

(1) 同じタブ上,同じウィンドウ上に表示。

(2) 別のタブ,ウィンドウに表示。

 

HTMLでみると,以下のような違いがあります。

 

(1) <a href=”リンク先のURL”>アンカーテキスト</a>

(2) <a href=”リンク先のURL” target=”_blank”>アンカーテキスト</a>

 

具体的な例として,私の「自己紹介」ページにリンクします。

 

<a  href=”http://sa-4732.xsrv.jp/?p=2″>(1)自己紹介</a>

(1)自己紹介 ← 実際の表示

 

<a  href=”http://sa-4732.xsrv.jp/?p=2″ target=”_blank”>(2)自己紹介</a>

(2)自己紹介 ← 実際の表示

 

違いがお分かりでしょうか?

 

赤文字の 「 target=”_blank” 」 が

文字通り 「 ターゲットブランク 」 です。

 

この「ターゲットブランク」を設定することで,新たな

別のタブやウィンドウで表示させることができるわけです。

 

新たなタブやウィンドウで別々に表示させる

ことによって,どんな利点があるかというと!

 

読者は,

・ 見たいページをずっと開いておける。

・ 最初のページに戻ることができる。

 

あなたは,

・ 新しいリンク先を見ている間も,自分のHPやブログを

  開いておいてもらえる。 → 滞在時間が長くなる。

・ 他のHPやブログから,また自分のHPやブログに

  戻ってきてもらえる。 

 

読者の訪問回数や時間が多くなればなるほど,

検索エンジンの評価が高くなり,検索したとき,

 

あなたのHPやブログが上位表示されるようになるわけです。

 

まとめます!

 

目的に応じてリンク先の表示の仕方を考えること。

「ターゲットブランク」タグを挿入すること。

 

ただし,

簡単な無料ブログでは挿入されないことがあります。

 

リンク先の設定するときに挿入するかしないか

選択する場合もあります。

 

 < FC2ブログ の場合>

ターゲットブランクFC2

 

 < WordPress の場合>

 ターゲットブランクWP

 

 HTML が分かるのであれば,「リンク先URL」の右横に

target=”_blank” 」を挿入するだけです。

 

以上,「ターゲットブランク」の説明でした。

 

共に,一歩前へ!

 

 

こちらも参考にどうぞ!

 ブログのお問い合わせフォームの項目は?【読者への気配り②】

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻