記事にリンクを貼るときの3つのポイントとは?【成約率がアップ!】

chain-498708_640

 

あなたは,記事を書くとき,

どこにリンク(URL)を貼っていますか?

いくつ貼っているでしょうか?


意識せずに貼っていたとしたら
まったく意味がありません。

もしかしたら,稼ぎたいばかりに
適当に URL を貼って,偶然にも

「売り上げを伸ばしているよ!」

っていう人もいるのかもしれませんが,

そのような人は,初めから
ビジネスセンスがある人です。

あなたがアフィリエイトを始めたばかりで
まだ稼げていないというのなら,

ぜひ以下を参考にしてみて下さい。


リンクをどこに,いくつ,どのように
貼ったら成約率が上がるのか。

ポイントは3つあります。

  1.  リンク(URL)は基本1つ
  2.  一番最後に貼る
  3.  クリックしたくなる文で!

 

あなたのリンクはどうでしょうか?
思い当たることがありますか。

以下でくわしく説明します。

 

1.リンク(URL)は基本1つにする

考えてみて下さい。

もし,記事を上から読んでいく途中に,
何度も何度もリンク(URL) が貼ってあって,

頻繁にクリックを促されたらどう感じますか?

「ウザイなぁ」
「売り込み感バリバリじゃん」

なんかイヤになってきませんか?


タイトルを見て,興味・関心をもって記事を
読みに来たのに,クリックばかり促されると

内容に集中できません。

読み飛ばしていけばいいだけかもしれませんが,

「このリンクの先に何か貴重な情報があるのかも?」

という期待を抱いて,わざわざ
クリックさせることになってしまいます。

これでは,あなたのファンになってもらえませんし,
せっかくファンになっていたとしても離れていきます。

読者に興味・関心を持ってもらい,グッと惹きつけて
あなたのファンになってもらうわけですから,

「最後の最後まで惹きつけて,1つのリンクをクリックしてもらう。」

これが最も効果的なのです。

 

2.一番最後にリンク(URL)を貼る

 「1.」の「リンクは基本1つにする」と
同じ理由になりますが,

「最後の最後まで惹きつけて,1つのリンクをクリックしてもらう。」

このことを踏まえると,
一番最後が最も効果的です。

実際に,
一番最後が成約率が高いという
アドバイスもありますし,

有名アフィリエイターのブログや
レビューサイト,メルマガ記事を見てみると,

一番最後が多いです。

ときどき,リンクが数カ所に貼ってあり,その URL
内の数字が順番になっているものがありますが,

それは,クリック数を解析しているのです。

解析ツールを使って,どの説明段階(場所)で
誘導したときが最もクリック率が高いのか調べています。

もしあなたもここまでテストしてみたい!
というときは別ですが,

基本は「一番最後に1つのリンクを貼る」です。

 

3.クリックしたくなる文で!

リンクへ誘導する場合は,やっぱり
クリックしたくなるようにしなければいけません。

そのとき注意することは,

  • 刺さる誘導文で!
  • 記事名ではなく,思わずクリックをしてしまう文言で!

の2つです。

ただ URL を貼り付けただけのリンクがよく
ありますが,これではスルーされてしまいます。

「こちらをクリック!」

と明確に誘導するだけでも明確に変わってきます。

また,

過去の記事に誘導する場合などは
ただ記事名を書くだけではなく,

思わずクリックしたくなるような文言を
使うと非常に効果的です。

なぜなら,

読者やお客が興味・関心をもって,あなたの
記事にを読んでみたいと思った裏には,

強い欲求や深い悩みが隠れているから。

その欲求や悩みを解消するような,
「刺さる文言」が含まれていれば,

非常に気になってしまうはずです。

たとえば,

「もしあなたが全くクリックしてもらえずに悩んでいる
なら,コチラの記事もあなたの救世主になりますよ!
⇒ http://www.・・・・・.jp/・・・/・・・・・・/ 」

というのはどうでしょうか?

とっても気になりませんか。

あなたも意識してリンクへ誘導して下さい。

 

まとめます!

記事の中にリンクを貼る場合は
次の3つのポイントを意識すること。

  1.  リンク(URL)は基本1つ
  2.  一番最後に貼る
  3.  クリックしたくなる文で!

まだまだ未熟なので,
今後も実践・検証を繰り返して
勉強していきたいと思います。


共に,一歩前へ!

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!
 ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻