「止められると泣きじゃくる子ども」めんどくせー!

baby-443388_640

 

朝から兄弟げんか。

 

おもちゃの取り合い。

 

お兄ちゃん,お姉ちゃんから

「ダメーっ!」と言われる。

 

1歳8ヶ月の次男は「うわーん!」と

泣きじゃくる。それがとても五月蠅い。

 

次男は近ごろ,

自分がやりたいことを止められると

「大声で泣く」ということ覚えたらしい。

 

「仲良く遊んで!」

「ダメ!あっちっちだよ!」

「危ない!イタイイタイだよ!」

 

好奇心旺盛なため,なんでも触る。

 

ボタンやレバー,スイッチが

お気に入りのようだ。

 

自分で「ピッ!」とか「ピンポーン!」

とか言ってイタズラを楽しんでいる。

 

 

そんな次男の今日1日。

 

今日は朝から雨で,子どもたち3人は

部屋でオモチャを散らかして遊んでいる。

 

「うわ~ん」「ぎゃー!」

 

何度も泣きわめくので,私はイライラ!

妻もイライラしている。

 

「どこかに連れていくしかないか?」

 

私は,ブログ作業を中断し,3人を

「産業まつり」のイベントに連れて行く

ことに決めた。

 

パン作りをはじめていた妻は行かない

らしい。(仲が悪いのが分かりますね。)

 

そのため,

私1人で3人の面倒をみることに…。

 

片道2時間ほどかかる場所のため,

行きの車の中で昼食をとる。

 

コンビニで買ったおにぎりやパン。

多少こぼすのは想定内。

 

とくに問題なく,乗り切った。

 

やっと会場についたら長蛇の列!

 

次男だけでなく,3歳の長女も

飽きてイヤーな声を出している。

 

「着いたらすぐアンパンマンショーが

始まるから,楽しみにしていて!」と

なだめる。

 

駐車場や入り口は混雑していた。

 

雨は本降りだったので,

私は2人を抱っこしながら傘を持ち,

長男は私のあとをついてくる状態。

 

このときから悪夢が始まっていた。

 

次男のおむつ交換のため,雨のなか往復。

 

広い会場,広いスペース,そして階段がある

ため,次男は喜んで走り回り,上り下り。

 

エレベーターのボタンが気に入ったらしく,

何度も押しに行く。目をはなすとまた…。

 

アンパンマンショーは30分もしないうちに

飽きてしまったので,展示ブース会場へ。

 

「握手会で一緒に写真を撮りたいなぁ」

 

と思っていたのは私だけだった。

 

「プラレール」の遊び場があったので,

3人を遊ばせた。

 

「よし!今こそ写真!」

 

と思ったのも束の間,次男が

あまりにも他の子どもの邪魔をするので

追い払われてしまったらしい。

 

泣きわめく次男。

 

なだめるも,のけぞって,床に寝そべって

泣きじゃくるので,とても恥ずかしかった。

 

気を直させ,また遊ばせるも,勝手に柵の

スキマからプラレールの展示物を触ろうと

するので,スタッフに止められる。

 

またそこで泣きわめく。

 

今度は,木材のコーナーに行き,積み木

で遊ばせるも,また他の子どもの邪魔。

 

すべり台に行こうとするも,階段を上れずに

他の子どもの邪魔となって,また泣く。

 

周りが知らない大人ばかりで,また泣く。

 

長女にもついていないと泣き出すので

2人とのバランスをとって付き添う。

 

スタッフにはかなり迷惑をかけてしまった。

 

恥ずかしい思いを何度もしたし。

 

子どもを追いかけてすべり台をすべり下り,

マットに着地したら飛び跳ねすぎてマット

の外へ…

 

「お父さん,大丈夫ですか?」とスタッフ。

 

周りにはたくさんの大人と子どもたち。

恥ずかしくて,すぐ2人を連れて立ち去る。

 

なぜ妻を一緒に連れてこなかったのか,

ちょっと後悔。

 

 

結局,何度泣きじゃくった次男を

抱っこしてあやしたことか。

 

 

帰りも2時間運転。

 

家に帰ってからは,両腕がパンパンに。

キーボードを打つのも大変なくらい。

 

いやぁ,それにしても大変な1日だった。

 

7歳の長男は1人で行動できるが,

長女と次男はまだ抱っこする機会が多い。

 

日々,子どもたちの成長を感じるが,

いまが一番大変な時期なのだと思う。

 

毎日,賑やかすぎて,チョー五月蠅い。

 

「次男よ,早く大きくな~れ。」

 

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻