ビジネスとマーケティングって何が違うの?

a0008_001875

 

「 『ビジネス』 と 『マーケティング』って何がちがうの? 」

って,ブログを書きながらいつも思っていた。

 

「ネットビジネス」や「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」。

アフィリエイトについて勉強するとよく使われることばだ。

 

「ビジネスを勉強する」とか「マーケティング勉強する」というとき,

 「どっちが自分にとって適切な言い方なんだろう?」と

私はいつも迷っていた。

 

「こんなレベルの奴がアフィリエイトで稼げるわけがない」

と思ったかもしれないが,事実だからしょうがない。

 

アフィリエイトを始めて半年たつが,初めて調べてみた。

 

多くの解説がある中で,私にとって最もわかりやすかった

コトバンクのASCII.jpデジタル用語辞典によると,

 

マーケティング

商品、サービスを生産者から消費者へ円滑に

移転するためのビジネス活動を指す。または…(省略)

 

とあった。

それで,「ビジネス」について調べると,大辞林の第三版では,

 

ビジネス【business】

①仕事。職務。
②業務。実務。
③営利活動。取引。
④個人的な感情をまじえない,金もうけの手段としての仕事。
 「あくまで-としてわりきる」

 

と書いてあった。

 

省略以下を加えて簡単にまとめると,

「消費者のニーズや市場の状況などから商品やサービスを開発して,

生産者から消費者の手元に届けるまでの業務」とでもいうべきか?

 

わかったようでわからなかったので,もっと調べてみると

「マーケティング」と「セールス」のちがいがよく検索されていた。

 

とてもわかりやすいサイトをみつけた。ZDNet Japan の

「これ一枚で分るマーケティングとセールスの違い」によると,

 

 まず、目的については、

 ● マーケティング: お客様に買いたいという気持ちを起こさせること。
 ● セールス:お客様に買う決心をさせること。

     (省略)

 次に、達成目標については、

 ● マーケティング:個人を特定し、その個人情報を獲得すること。
 ● セールス:獲得した個人情報を使って、その個人から成約、受注すること。

 

 とあった。

 

「なんてわかりやすいのだろう!」

「価値のある情報を提供するとは,このようなことか」

まだまだ勉強が足りないらしい。奥が深い。

 

 

 さて、最後に、マーケティングとセールスの違いを理解するうえで、参考になるP.F.ドラッカーの有名な言葉をご紹介しましょう。

 「マーケティングの究極の目的は、セリングを不要にすることである」

 マーケティングを突き詰めてゆけば、お客様は、ほしくてほしくてたまらなくなる。個別にお客様を訪問し、こちら売り込まなくても、お客様から売ってくださいと来るようになります。つまり、それがマーケティングの目指す究極の目的であると、彼は言っています。

 

というのもあった。

 

アフィリエイトをしていくなら,目指したい究極の目的だ。

ここまでくると,リライトする気もなくなって,ただ理解する

のがやっとだった。

 

 

引用をしないで,自分のことばで説明できるくらい

「マーケティング」も勉強しなくてはと痛感した日だった。

 

 

「マーケティング」は,台風19号か!?

 

 

 

★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

 

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻