賢威6.2+WordPress 4.1 アップグレード注意!【やっておくべき7つのこと(その2)】

 disk-303333_640

 

今回の WordPress のバージョンアップ。

あまり問題になっていないような気がします。

 

やっぱりバックアップをとって慎重に

やるべきことだったんですね。

 

恥ずかしいというより,ある意味怖いです。

 

知らないということで思い切った行動ができますが,

逆に「諸刃の剣」的な部分もありますからね。

 

今後は,慎重にアップグレードします。

 

さて,前回の続きからいきます。

 

 

2..css や .php ファイルを編集する前にもバックアップをとる

(1)FTPソフトを使う

 賢威6.2+WordPress 4.1 アップデート注意!【やっておくべき5つのこと(その1)】を参照。

 

今回は,(2)から始めます。

 

(2)サーバーの「phpMyadmin」を使う

 私はエックスサーバーを使っていますが,

他のサーバーも同じような感じみたいです。

 

サーバーパネル」から入ります。

 

「サーバーID(ユーザID)」と「パスワード」を

入力してログインすると,下の画面が表示されます。

phpMyAdmin000

「バックアップ」とありますが,毎日自動で

バックアップをとってくれていました。いま知りました。

 

便利ですね。

 

お目当ての「phpMyadmin」は真ん中より少し下の所に

あります。「MySQL5」とは,データベース名です。

 

クリックすると,

 phpMyAdmin001

このような入力画面が出てきますので,サーバーに登録したときに

通知された以下ようなものを参照して記入します。

 

※以下のMySQLデータベース、MySQLユーザを作成しました。
MySQLデータベース: sa4732_wp1
MySQLユーザ: sa4732_wp1
MySQL接続パスワード: voza80vwof

 

記入して,OKボタンをクリックすると,

以下の画面に変わります。

phpMyAdmin002

目的のデータベースを選択してクリックすると,

以下の画面に変わるので,赤枠のようにチェックします。

phpMyAdmin00

 

「実行する」をクリックすると,

下ような画面が表示されますので,保存先を決めて保存します。

phpMyAdmin04

 

次は,全て削除の説明をします。

 

「データベース」を開くと以下のような画面になるので,

左下の「すべてチェックする」をクリックし,

phpMyAdmin05

右下の「チェックしたものを『削除』」を選択します。

 

すると,

phpMyAdmin06

確認してきますので,「はい」を選択します。

 

終了すると,以下の画面が出ます。

phpMyAdmin07

 

「phpMyadmin」の字面だけをみると

使いたくなくなるかもしれませんが,

 

とても簡単に重要なデータをエクスポート,

インポートできますので,覚えておきましょう。

 

以上が,「phpMyadmin」の使い方でした。

 

次回は,残り5つを説明していきます。

3.「ウィジェット」の中身もコピーをとっておく
4.心配なところは画面キャプチャしておく
5.エクスポートだけではなくインポートの方法も学んでおく
6.サポートフォーラムの情報を見ておく
7.面倒でも解決方法を読み込む

 

こちらも参考になりますよ!

⇒ WordPress 4.1 アップグレード注意!(+賢威6.2)【やっておくべき7つのこと(その3)】

 

 

共に,一歩前へ!

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻