賢威6.2+WordPress 4.1 アップグレード注意!【やっておくべき7つのこと(その1)】

data-backup-571157_640

 

「0.1 のアップグレードくらい何も問題ないだろう」

 

と簡単な気持ちでいました。

 

アップグレードが今回の原因かどうかはわかりませんが,

調べていくとアップグレード前にはバックアップをとって

おくのが当たり前のようでした。

 

「そんなことも知らずに WordPress を使ってたの?」

 

と笑われてしまいそうですが,知りませんでした。

 恥ずかしいです。

 

時々,アップグレードに敏感になっている内容の

記事を読んだことはありましたが,まさか自分が…

 

かなりイタイ目にあったので結論から書きます。

 

  1. WordPress をアップグレードする際はバックアップをとる
  2. .css や .php ファイルを編集する前にもバックアップをとる
  3. 「ウィジェット」の中身もコピーをとっておく
  4. 心配なところは画面キャプチャしておく
  5. エクスポートだけではなくインポートの方法も学んでおく
  6. サポートフォーラムの情報を見ておく
  7. 面倒でも解決方法を読み込む

 

以上,この7つをしておけば復旧できるはずです。

 

1.WordPress をアップグレードする際はバックアップをとる

(1)プラグインを使う

今回私はプラグインを使えなかったので

詳しくはわかりませんが,プラグインで

定期的にバックアップをとっておくといいです。

 

 (2)エクスポートを使う

ダッシュボードの「ツール」→「エクスポート」を選択します。

エクスポート画面

「すべてのコンテンツ」を選択して,

「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックします。

 

XMLテキストファイルで,指定の場所へダウンロードしてOK。

一時的に自分のPCのデスクトップに保存しておくと便利です。

 

 

◆ .css や .php ファイルを編集する前にもバックアップをとる

(1)FTPソフトを使う

気になるファイルやディレクトリをFTPソフトを使って

ダウンロードしておく。PCのデスクトップ上が便利。

FFFTP00

「wp-content」ディレクトリを全てダウンロードする,

と書いているサイトもありますが,私はそのディレクトリ内の

「plugin」「themes」「uploads」をダウンロードしておきました。

 

あと,WordPress をインストールした日付けと異なっている

日付けのファイルは編集したものなので,それらもダウンロード。

 

FTP ソフトを使うことで,ディレクトリやファイルを

ダウンロードすることできますが,今回の私は

 

「全てインストールし直す」

 

のが目的だったので,

ダウンロードしたあとはすべて削除しました。

 

10分前後かかったと思います。

 

もちろん内容量によりますが,

長すぎて心配になってきました。

 

「やっぱり削除はまずかったかな?」なんて…。

 

他のことをしながら待つといいですね。

 

今回はここまでにします。

 

次回は,

(2)サーバーの「phpMyAdmin」を使う

から説明したいと思います。

 

こちらもお役に立ちます。

 賢威6.2+WordPress 4.1 アップグレード注意!【やっておくべき7つのこと(その2)】

 

共に,一歩前へ!

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!

  ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻