WordPress 4.1 アップグレード注意!(+賢威6.2)【やっておくべき7つのこと(その5)】

 undo-362766_640

 

とうとう【その5】になってしまいました。

まさかこんなに長くなるとは…

 

早速,始めますね。

 

WordPress 基本設定の復元

ブラウザに戻って,「成功しました!」の
下の「ログイン」をクリックすると,

懐かしい画面が表示されます。

recoverWP03

「ユーザー名」と「パスワード」を入力して,
ログインします。

やっと「ダッシュボード」画面まできました。

 

ここでは,

  1.  とりあえず,タイトルの入力
  2.  パーマリンク設定の復元
  3.  テーマの有効化
  4.  プラグインの有効化

を行います。

これを行っておくことで,この後にデータベースを
インポートしたときにうまく元の設定が反映されます。

 

 

a. とりあえず,タイトルの入力

設定画面を開いて,「サイトのタイトル」を入力します。

これでブログにアクセスしたとき
タイトルが表示されるようになるわけです。

settei

 

 

b. パーマリンク設定の復元

私は,ここでもキャプチャ画像が役に立ちました。

permalink

カスタム構造のところは,

「/%category%/%postname%/」

このように記入しておいたので,
ここでも同じにします。

 

 

c. テーマの有効化

[外観]→[テーマ]と進み,「有効化」するだけ。

 

私の場合は,「賢威6.2 のコーポレート版」なのですが,

「新しいテーマを追加」をクリックすると,こんな表示が!

theme00

 

「何かがおかしい」

いろいろやってみても明らかにおかしいんです。
更新すると画面が真っ白くなったり…

 

これを解決するためにやったことが,
「ディレクトリ名やファイル名の変更」です。

なぜなら,何が影響しているのか調べるため。

 

つまり,1つひとつ外してみたわけです。

 

削除すると,
またアップロードするのに時間がかかるので,

名称の変更にするのがオススメ!

 

賢威のディレクトリ名は以下のように変えてみました。

「keni62_wp_corp_141205」

       ↓ ↓ ↓

「keni62_wp_corp_141205XX

 

「plugin」など,他のディレクトリ名も変えてみました。

同じように,最後に「XX」をつけるだけなんですが。

 

これをやっていって判明したのが,

「アップロードした『賢威6.2』が影響している」こと。

 

すぐに削除して,
未使用の「賢威6.2」をアップロードして
「有効化」することで問題が解決したのでした。

 

 その日の記事がコチラ!

 WordPress,賢威6.2,ログインできない?【とりあえずログインできた方法】

 

d. プラグインの有効化

ここでは,一括してプラグインを
「有効化」すれば,すぐ終わりますね。

 

設定が必要なものはしておきます。

 

忘れたときは後回しにして,
とりあえず「サイトマップ」は設定しましょう。

データベースのインポートをすれば済む
はずなんですが,慣れる意味で。

 

今回はここまで。

次回は,データベースのインポートについてです。

 

共に,一歩前へ!

 

続きはコチラからどうぞ!

 WordPress 4.1 アップグレード注意!(+賢威6.2)【やっておくべき7つのこと(その6)】

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!
 ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

 

コメントを残す

QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ

ライブチャット 人妻